パリの凱旋門で年越しの花火とともに迎える新年

パリの凱旋門の年越しの花火

パリの凱旋門の年越しの花火

あけましておめでとうございます!
パリでは毎年、凱旋門で年越しの花火が上がります。

パリの凱旋門であがる年越し花火の一番の特等席は、もちろん正面のシャンゼリゼ通りです。しかし、毎年すごい人なのであまり落ち着いて見ることができません。

そのため、お勧めはシャンゼリゼ通りの反対側グランド=アルメ通りから凱旋門へとアクセスして、凱旋門の周辺で鑑賞場所を確保する方法です。パリの地下鉄、メトロ1号線のArgentine(アルジョンティンヌ)という駅で下りて地上に出ると、そこがグランド=アルメ通りになります。

グランド=アルメ通りを凱旋門方面へ歩き、凱旋門の周辺を探すと意外にも鑑賞に最適な場所が見つかります。

凱旋門は年越し花火以外にも楽しめます。凱旋門の上から見た景色を紹介した凱旋門に登ると見える!パリの360°パノラマと名所の数々はこちら。

凱旋門に登ると見える!パリの360°パノラマと名所の数々

2018.07.08

パリの凱旋門の年越しの花火を見た後の過ごし方

凱旋門の花火とともに迎えた年明けには、初詣ならぬ、サクレ・クール寺院もうでもお勧めです。

パリの年越し後のサクレクール寺院

張り詰めた冷たい空気の中、サクレ・クール寺院の丘の上から幻想的な雰囲気のパリを一望することができます。

パリの年越し後のサクレクール寺院からの眺め

年明け直後は、どこも人気がまばらなので、ブローニュの森を歩いたり、

年越し後のブローニュの森

年越し直後のパリのルーブル美術館

夜はルーブル美術館に行ったりと、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

年越し直後のルーブル美術館の入口

いつもは混みあう、ここルーブル美術館もさすがに年明け直後は空いています。

ただし、通常時はスムーズに見てまわるためにも並ばずに入場できるルーブル美術館の観光ツアーなどを上手く利用することをお勧めします。

年越し後のルーブル美術館の内部

何度見ても勇気をもらえる、ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」

ルーブル美術館のドラクロワの民衆を導く自由の女神

やっぱり圧巻!のダヴィットの「ナポレオンの戴冠式」

ルーブル美術館のナポレオンの戴冠式

美術作品以外にも、夜のルーブル美術館の中から見るガラスのピラミッドも美しい!

ルーブル美術館のガラスのピラミッド

パリの年越しのまとめ

年末のクリスマスから年越しまでは、パリが最も華やかになる期間です。いつもは混んでいる美術館なども年越し直後は比較的空いていますし、ゆっくりと見てまわるにはお勧めの時期です。

カラッとした夏のパリもお勧めですが、反対にしびれるほど寒い冬のパリもまた違った魅力があります。休館日には注意の上、パリでの年越し、新年もぜひ楽しんでみてください。

 

パリ在住者がお勧めする、バランスのいい情報量と切り取りできる地図が便利なガイドブック!









パリの凱旋門の年越しの花火