シャンパーニュ地方のランスへパリからTGVで行く方法【ランス観光編】

ランスのサン・レミ旧大修道院の中庭

この記事は、シャンパーニュ地方のランスへパリからTGVで行く方法【ランス大聖堂編】の続きです。

シャンパーニュ地方のランスへパリからTGVで行く方法【ランス大聖堂編】

2017.11.21

今回、パリからランスへ行ったのは冬期の期間でしたが、この時期は多くの観光施設が12:00~14:00まで一時的に閉まっています。そのため、このタイミングをに合わせて昼食をとってからランス観光をするのが効率的です。

ランス大聖堂の周辺にもたくさんの飲食店がありますが、今回は、入口から見えた素敵な壁画が気になったので、ランス大聖堂のすぐ近くのレストランに入りました。

ランスのレストランとシャンパン

ランスのレストラン

​​シンプルにPlat du jour(日本でいうランチ)を選択。
ランスと言えばシャンパン醸造の一大中心地。シャンパンやワインの種類も豊富で、手軽に一杯から注文することができます。

ランスといえば、やはり行ってみたいのが シャンパーニュ地方のワイナリー巡りです。たくさんのコースがあり、パリ発のコースやここランス発のコースなど、様々なコースが用意されています。実際に、ワイナリーを巡ってランスのお店に入るとより一層、食事を楽しむことができると思います。

ランスのレストランのメニュー

​​今日のランチは、子牛の胸腺肉とシャンピニオンソース。フランスパンとの相性がバッチリ!もちろん選んでもらったシャンパンとの相性もバッチリです!どの料理もそうですが、フランスパンとソース、ワインの相性の良さには感動します。

子牛の胸腺肉とシャンピニオンソース

​​満足な食事を終えて、14:00過ぎにランス大聖堂の隣にあるトー宮殿へと向かいます。

ランスの【世界遺産】トー宮殿

トー宮殿内には、巨大なタペストリーや、

ランスのトー宮殿のタペストリー

​​まばゆい装飾品が数多く展示され、

ランスのトー宮殿の装飾品

​​王達の像などもあり、歴代25人の王が戴冠式をうけた地、ジャンヌ・ダルクが訪れた地、ランスの歴史的重要性を感じました。

ランスのトー宮殿の王達の像

ランス美術館

続いて、ランス大聖堂から徒歩5分ほどの所にある、ランス美術館へ。(美術館の内部での写真撮影は禁止でした)

ランス美術館は、シャンパンメーカーのポメリ社の経営者アンリ・ヴァニエが死後ランス市に寄贈した600点を超えるコレクションがもとになっています。

この美術館には、個人的に大好きなバルビゾン派の画家、カミーユ・コローの作品が30点近くも展示されていました。意外な場所での出会いにびっくりしつつ、ゆっくりと鑑賞することができました。

ランス美術館

​​ランスの【世界遺産】サン・レミ旧大修道院

最後の目的地は、サン・レミ旧大修道院とサン・レミ聖堂です。こちらも世界遺産です。
ランス美術館近くからバスも出ていましたが、歩いても20分くらいということなので、歩いてみました。

サン・レミ旧大修道院。現在、内部は博物館になっています。

ランスのサン・レミ旧大修道院

サン・レミ旧大修道院の中庭を囲む回廊、張りつめた空気感が心地いい場所です。
真中の棟は隣のサン・レミ聖堂。

ランスのサン・レミ旧大修道院の中庭

​夕日に照らされるサン・レミ聖堂。
日が沈みはじめ、閉館間近だったこともあり、来る時間が遅かったのではと心配しつつ中へ・・・

ランスのサン・レミ聖堂

​​ところが、この時間で大正解でした!ちょうど夕日が差し込み、薄暗かった聖堂内に光があふれています!

ランスのサン・レミ聖堂の内部

​​西側のステンドグラスも夕日を受けてくっきりと浮かび上がります!

ランスのサン・レミ聖堂の西側のステンドグラス

パリから日帰りで世界遺産のアミアン大聖堂へ行く方法で紹介したアミアン大聖堂の朝日といい、ここサン・レミ聖堂の夕日といい、日の入り方を計算した聖堂の設計と、その日の光を受けて輝くステンドグラスの神々しさには圧倒されます。言葉を忘れたまま刻々と移り変わる聖堂内の様子をただ眺めていました。

パリから日帰りで世界遺産のアミアン大聖堂へ行く方法

2017.11.09

​​ランスのサン・レミ聖堂の内部

ランスのデルロン広場

パリへと戻るTGVまで時間があったので、中心にあるデルロン広場を見渡すカフェで少し休憩。

ランスのデルロン広場

​​そして19:00にランス駅に到着。パリへ戻ります。

夜のランス駅

​​シャンパーニュ地方のランスへパリからTGVで行く方法のまとめ

ランスは小さい街ながらランス大聖堂、トー宮殿、サン・レミ旧大修道院、サン・レミ聖堂と4つの世界遺産をはじめ、本当に多くの見どころがあります。パリからTGVで日帰りが可能な場所ですが、できればゆっくりと、シャンパーニュ地方のワイナリー巡りも入れながら観光と食を堪能したいところです。

パリ発のチケット購入方法は、【徹底解説】パリ発の飛行機や鉄道のチケットを購入する具体的な手順としてまとめてあります。

【徹底解説】パリ発の飛行機や鉄道のチケットを購入する具体的な手順

2018.03.02

 

パリ在住者がお勧めする、バランスのいい情報量と切り取りできる地図が便利なガイドブック!

 









ランスのサン・レミ旧大修道院の中庭