日本からパリへのフライト選択について考える

パリ行きの飛行機の機内からの景色

*この記事は、中部国際空港(セントレア)を起点に記述しています。また、フライトスケジュールは2017年11月現在のものです。

パリに住み始めて7年。これまでに日本とパリの間を何往復したことになるのかをざっと計算してみました。平均で年2~3回は往復しているので、単純に計算すると14~21回往復した計算になります。搭乗回数で計算すると、56回~84回、他にも日本国内でのフライトやヨーロッパ域内でのフライトも含めるとおそらくこの7年間で100回以上の搭乗回数になります。

当然、出張などでもっと搭乗回数が多い方はいらっしゃると思いますが、個人的には社会人になるまで、飛行機に乗ったことがないことを考えると、その当時からはとても予想できない回数になります。

これまで日本からパリへはいろいろなルートで移動したので、今回はそれをまとめてみました。

フライト選択の重要性

日本からパリまでのフライト時間は、直行便で約12時間。パリ行きのフライトは現地到着が夕方になるので時差の影響をあまり受けませんが、パリから日本へ帰るフライトは、便によっては時差の影響がかなりあります。最初の頃は、日本到着後3日間ぐらい時差ボケに悩まされたこともあり、その辛さを身をもって体験しました。こうした点を考慮して、どのフライトを選択するのかは非常に重要になります。

エールフランス航空

中部国際空港(セントレア)からパリに向かう場合、一般的に航空会社の選択肢は、以下の4社になります。
①ルフトハンザ航空【LH】
②全日本空輸【NH】
③フィンランド航空【AY】
④日本航空【JL】

そして、フライトを選択する上で、重視したいポイントは以下の4つ
①時差の影響を受けにくい(なるべく、夕方に到着すること)
②所要時間がなるべく短い(移動は短いとやっぱり楽です)
③乗り継ぎが楽(乗り継ぎの時間、距離、入国審査がスムーズだと助かります)
④ターミナルが使いやすい(個人の好みですが、やはりターミナルが綺麗だとありがたいです)

JALの機窓からの景色

ルフトハンザ航空

まずは、ルフトハンザ航空【LH】

フライトスケジュール
名古屋10:40発⇒フランクフルト15:10着 16:30発⇒パリ17:40着
所要時間:15時間

パリ11:00発⇒フランクフルト12:15着 13:30発⇒名古屋9:20+1着
所要時間:14時間20分

チェックポイント
①時差の影響を受けにくい⇒日本への到着が朝になるのでつらい⇒×
②所要時間がなるべく短い⇒最短14時間20分⇒〇
③乗り継ぎが楽⇒フランクフルト国際空港は広く、移動距離は長くなります⇒×
④ターミナルが使いやすい⇒シャルル・ド・ゴール国際空港でも古い第1ターミナル⇒×

ルフトハンザ航空

シャルル・ド・ゴール国際空港の第1ターミナル。供用開始から30年以上が経過し、老朽化が進んでいるため、着いた時の薄暗さが気になります。

シャルル・ド・ゴール国際空港の第1ターミナル

全日本空輸

次に、全日本空輸【NH】

フライトスケジュール
名古屋8:05発⇒羽田9:05着 11:40発⇒パリ16:25着
所要時間:16時間20分

パリ19:30発⇒羽田15:25+1着 17:35発⇒名古屋18:40着
所要時間:15時間10分

チェックポイント
①時差の影響を受けにくい⇒日本への到着が夕方になるのでOK⇒〇
②所要時間がなるべく短い⇒最短15時間10分⇒△
③乗り継ぎが楽⇒羽田での乗り換えなのでスムーズです⇒◎
④ターミナルが使いやすい⇒シャルル・ド・ゴール国際空港でも古い第1ターミナル⇒×

羽田空港第2ターミナル

機内から

JALの機窓からの景色

フィンランド航空

そして、フィンランド航空【AY】

フライトスケジュール
名古屋11:55発⇒ヘルシンキ15:10着 16:05発⇒パリ18:10着
所要時間:14時間15分

パリ12:20発⇒ヘルシンキ16:15着 17:15発⇒名古屋9:40+1着
所要時間:13時間20分

チェックポイント
①時差の影響を受けにくい⇒日本への到着が朝になるのでつらい⇒×
②所要時間がなるべく短い⇒最短13時間20分⇒◎
③乗り継ぎが楽⇒ヘルシンキ・ヴァンター国際空港はコンパクトで移動距離も短いです⇒〇
④ターミナルが使いやすい⇒シャルル・ド・ゴール国際空港は第2ターミナルのF⇒〇

「合間」に焦点をあてたフィンランド航空のブランドビデオ。個人的に気に入っています。

機内から

JALの機窓からの景色

日本航空

最後は、日本航空【JL】

フライトスケジュール
名古屋7:45発⇒羽田8:45着 10:50発⇒パリ15:35着
所要時間:15時間50分

パリ19:00発⇒羽田14:55着 19:00発⇒名古屋20:05+1着
所要時間:17時間05分

①時差の影響を受けにくい⇒日本への到着が夕方になるのでOK⇒〇
②所要時間がなるべく短い⇒最短15時間50分⇒×
③乗り継ぎが楽⇒帰りは羽田での乗り継ぎ時間が長い⇒△
④ターミナルが使いやすい⇒シャルル・ド・ゴール国際空港の第2ターミナルE⇒◎

シャルル・ド・ゴール国際空港の第2ターミナルE

成田空港に駐機中のJAL

成田空港に駐機中のJAL

機内から

JALの機窓からの景色

羽田空港に駐機中のJAL

羽田空港に駐機中のJAL

羽田空港国内線サクララウンジ

羽田空港のサクララウンジ

どのフライトも一長一短がありますが、シートや、機内食、サービスなどのソフト面も考慮に入れると個人的にはここ最近、もっぱらJALを利用することが多くなっています。

もちろん、搭乗の際はマイルもしっかりと貯めてくださいね!
マイルがどんどんたまる「JALカード」

何度か飛行機に乗るうちに、お気に入りのフライトを見つけるのも楽しいかもしれませんね。









パリ行きの飛行機の機内からの景色