パリの街歩き ロダンの彫刻とともに息をのむ美しい庭も必見!のロダン美術館

ロダン美術館の庭

ロダン美術館では、ロダンの彫刻がみられるのはもちろんのこと、建物と庭もそれだけでも楽しむことができます。

初めて訪れた時、「考える人」や「地獄の門」という有名な作品に感動したのはもちろんですが、個人的に一番目を奪われたのは庭でした。

その後、庭を見るためだけに何度も訪れています。(庭だけの入場チケットがあります)そんな、お気に入りのロダン美術館を紹介します。

ロダン美術館とは

美術館の建物自体は、1908年から亡くなるまでの10年間、ロダンがアトリエとして使い、そして暮らした「ビロン館」(Hôtel Biron) である。ビロン館は、幼君ルイ15世の摂政位クーデター計画の中心にいたメーヌ公爵夫人が、1753年に亡くなった地でもある。

1911年にフランス政府がビロン館を買い取ることとなったときに、この館を気に入っていたロダンが、自己の作品及びコレクションを国家に寄付するので、美術館として残して欲しいと提案した。ロダンの死後の1919年に開館した。2005年に改修されている。

Wikipediaより引用

ロダン美術館の位置

ロダン美術館の最寄り駅はメトロ13号線のバレンヌになります。メトロの出口を出たらUターンするようにして進みます。1本目の道を左に曲がるとすぐロダン美術館があります。

メトロのバレンヌ駅

メトロの出口から約3分ほどで美術館の入口につきます。表示と大きな門があるのですぐに分かります。

ロダン美術館の入口

大きな扉からロダン美術館の建物が見えます。これだけでもテンションが上がります。

ロダン美術館の扉

一歩足を踏み入れると隣にあるアンバリッドの屋根も視野に入ってきます。この景色だけでも一見の価値ありです。

そのまま右手に進むとチケット売り場になります。チケットは美術館+庭の入場で€11、庭だけの入場だと€5です。

ロダン美術館とアンバリッド

ロダンの彫刻「考える人」

チケットを買って美術館の建物に向かう途中、早速「考える人」が登場します。

ロダンの考える人

せっかくなのでズームしてみました。(笑)

ズームしたロダンの考える人

さらに横から。(笑)

「考える人」の周辺にはベンチがあるので、座ってゆっくりと眺めてみてください。

横から見たロダンの考える人

ロダンが住んでいたビロン館。この建物の中が美術館になっています。

ロダン美術館のビロン館

もちろん、内部はロダンの作品であふれています!

ロダン美術館のロダンの作品

建物の中から見える外の緑も素晴らしい。

ロダン美術館の内部

窓から緑が見えるのは癒されますね。

ロダン美術館から見た緑

ロダンの弟子であり愛人でもあったカミーユ・クローデルの彫刻。

ロダンの弟子のカミーユ・クローデルの彫刻

カレーの市民、バルザックなどのロダンの作品の背景やクローデルとの関係を描いた映画。

ゴッホの「タンギー爺さん」

ゴッホのタンギー爺さん

ロダン美術館庭の美しい庭とカフェ

美術館の建物を出ると、その奥には美しい庭が広がっています。庭のあちこちにも彫刻が展示されています。

ロダン美術館のビロン館の裏

ここからの眺めはいつ見ても美しすぎます!

ロダン美術館の庭

庭の一角にはカフェもあります。

ロダン美術館の庭にあるカフェ

せっかくなので店内ではなく、緑の中のテラス席で休んでみてください。

ロダン美術館の庭にあるカフェのテラス

時期によってはアジサイやバラなどの花が咲き、目を楽しませてくれます。

ロダン美術館の庭と花

ロダンの彫刻「地獄の門」

庭を一周して戻ってくると、「地獄の門」があります。
周りは作品を下から見上げる人、解説するガイドさんでいつもにぎわっています。

ロダン美術館の地獄の門

「地獄の門」の近くから見た、花とビロン館とアンバリッド。ここからだと一緒にエッフェル塔も見えます。

ロダン美術館とアンバリッドとエッフェル棟

 

ロダン美術館情報(2018.6現在の情報です)
月曜日を除く毎日開館(1月1日、12月25日を除く)
10:00~17:45
最終入館は閉館30分前まで。
最新の情報は、ロダン美術館の公式サイト(英語)へ。

(注)2018年7月2日まで、池の部分の工事が行われております。ご注意ください。









ロダン美術館の庭