パリの街歩き ピカソ美術館で隠れ家的な中庭と屋根上のカフェを楽しむ

ピカソ美術館の中庭から見たマレ地区の建物

ピカソ美術館は、メトロ1号線のマレ駅が最寄りの駅になります。古い街並みが残るマレ地区は細い道が入り組んでいてわかりにくいので、googleマップの利用や事前に道順を調べておくことをお勧めします。

ピカソ美術館とは

ピカソ美術館は、その名のとおり画家パブロ・ピカソの作品を収蔵・展示している国立美術館で、パリ3区の南部に位置している。その収蔵品は、ピカソの遺族が相続税として物納した作品が中心となっており、1973年に死去したピカソが最後まで手元に留めていた貴重なものが多い。「青の時代」と呼ばれている初期の代表作『自画像』をはじめとして、『籐椅子のある静物』、『肘掛け椅子に座るオルガの肖像』、『浜辺を駆ける二人の女 (駆けっこ)』、『牧神パンの笛』、『ドラ・マールの肖像』、『接吻』などを収蔵している。

美術館の建物は、もともと塩税徴収官の邸宅であったことから、「サレ館(塩の館)」と呼ばれている。1656年から1659年にかけて建築家ジャン・ド・ブイエによって建設された建物は、歴史的な建造物として、1964年、パリ市に買収された。その後、ピカソの作品群を収めた美術館への転用が計画され、1976年、コンペで選ばれた建築家のロラン・シムネ(英語版)が改修を担当し、ディエゴ・ジャコメッティ(有名なアルベルト・ジャコメッティの弟)がシャンデリアやイス、テーブルなどのデザインを担当した。改修工事の後、1985年、美術館は開館の運びとなった。

Wikipediaより引用

ピカソ美術館の位置

ピカソ美術館があるマレ地区の街並み

はじめてパリに来た時に1週間滞在したのがこのマレ地区でした。

滞在したアパルトマンから一歩外へ出ると、右を見ても左を見てもどれも同じ建物に見えて、道に迷ったことを思い出します。

パリのマレ地区の街並み

通りも狭く、こうした路地を通ると目印になるものもないので、歩きながらいつもドキドキしていました。

今はこの雰囲気も楽しめるようになりました。

パリのマレ地区の路地

ピカソ美術館

マレ地区の道を抜けていくこと約10分。ピカソ美術館に到着です。

3年ほど前に大規模な改修工事が終わり綺麗になった外観です。1650年代からここに建っている訳ですが、時間的な感覚が追いつきません。

パリのピカソ美術館

歴史ある建物なので、建物自体や内部の装飾も楽しめます。

パリのピカソ美術館の内装

装飾だけでもじっくりと鑑賞していられるほどです。

パリのピカソ美術館の装飾

もちろん、ピカソの作品もたくさんあります。「泣く女」

ピカソの「泣く女」

「ドラ・マールの肖像」

ピカソの「ドラ・マールの肖像」

などなど、約5000点の作品を収蔵している美術館だけあって、どれも見応えがあります。展示スペースもゆったりしています。

パリのピカソ美術館のピカソの作品

この日はゲルニカに関する展覧会が開かれており、ゲルニカの木版画や、制作時の資料なども展示されていました。

ピカソのゲルニカの木版画

ピカソ美術館の中庭

個人的な美術館の楽しみ方の一つに、併設のカフェや庭でゆっくり過ごす。というものがあります。ここピカソ美術館にも素敵な中庭があります。

中庭へのアクセスは少しわかりにくいですが、地下1階から行くことができます。

ピカソ美術館の中庭

日当たりがよく、ベンチもあります。

ピカソ美術館の中庭のベンチ

中庭を囲むマレ地区の建物が見渡せます。

ピカソ美術館の中庭から見たマレ地区の建物

通りを歩いているだけでは分からない、建物の外観と調和した空が綺麗です。

ピカソ美術館の中庭から見たマレ地区の建物と空

ピカソ美術館の屋根上のカフェ

ピカソ美術館には、屋根上のカフェもあります。

カフェへは、1階チケット売り場の右手にあるミュージーアムショップ前の階段を上がります。

ピカソ美術館の屋根上のカフェ

セルフサービスなので、お好きなものを注文できます。定番のカフェとマカロン!

ピカソ美術館の屋根上のカフェのマカロン

屋根上にある彫刻も間近で見ることができます。

ピカソ美術館の屋根上にある彫刻

たくさんのピカソ作品と中庭、そしてカフェ。ゆっくりと楽しむには半日ぐらいは欲しいところ。次回、訪れた時は、あえて1つの美術館でゆっくり過ごしてみても面白いかもしれませんね。

 

ピカソ美術館情報(2018.6現在の情報です)
月曜日を除く毎日開館(1月1日、5月1日、12月25日を除く)
火、水、木、金:10:30~18:00
土、日、祝日:9:30~18:00
最終入館は閉館45分前まで。
最新の情報は、ピカソ美術館の公式サイト(英語)へ。

 

パリの街歩き ロダンの彫刻とともに息をのむ美しい庭も必見!のロダン美術館

2018.06.22









ピカソ美術館の中庭から見たマレ地区の建物